AGA治療に関する期間

内服治療は効果が現れ始めるまで一年以上かかるケースも多い

AGA治療に必要な期間は、薄毛の進行具合や頭皮の状態、体質などによりますが、世間で広く浸透している内服治療をメインに行う場合は、効果が実感できるまでに一年以上かかるケースも多くあります。そのため、皮膚科の専門の医師と相談してなるべく体に負担が掛からない内服薬を選び、無理のないペースで通院を続けることがとても大切です。AGA治療で使用される内服薬の種類には、発毛や血行促進、頭皮の乾燥の改善など様々な効果が期待できるものがあるため、時間を掛けて色々な内服薬の特徴を知ることがおすすめです。また、治療期間を少しでも短くしたい場合は、医師の指示に従って数種類の内服薬を併用したり、国内で認められたばかりの新薬を試したりするといった方法もあります。

頭皮や毛穴に働きかけるメソセラピーは治療期間の短縮に有効

AGAの様々な治療法の中でも、高濃度の発毛成分を含んだ薬剤を用いて頭皮や毛穴に直接働きかけることができるメソセラピーは、内服治療よりも治療期間を短縮しやすいといった利点があります。一方で、メソセラピーを導入している医療機関が限られることや、治療実績がそれほど多くないことから、初めてAGA治療を始める人にとって、判断が難しいという問題もあります。そうした中、内服治療だけでは納得のいく発毛効果を得られなかった人は、美容皮膚科や美容外科の医師がいるクリニックでメソセラピーに関するカウンセリングを受けると良いでしょう。都市部の薄毛治療を専門とするクリニックは、メソセラピーの効能や成功率、後遺症のリスクなどを詳しく説明してくれるところが多くあるため、ためらわずに問い合わせをしてみましょう。